ちえりのっ!!   キーボーディスト、  ちえり☆のお知らせページです


by blue-star-cherry
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ママ泣いちゃう

我が家はかなり結露の酷い家です。元々の家の作りもさることながら、乾燥すると一気に肌の状態が悪化する人間も住んでいるので、常に加湿気味です。
そのため、朝は家中の窓周辺を拭くと言う作業があります。その事実を最近知った子供達、窓にラクガキできると楽しんでおりました。

今朝も窓を拭こうかね、と娘の部屋に行ったところ、窓に何か書いてあります。
先日息子は窓で漢字の練習をしていたので、娘は何を書いているのかな??と思って見たところ

「まま、ありがとう」

いやだー、ママ泣いちゃう。

写真を撮ろうと思ったけれどうまく写らない上、スプラッターな文字みたいになっちゃってるから撮影は断念したけれど、
私のハートに刻んだぜ!!!

ってことで本日も朝から元気いっぱいです!

(今年最後になっちゃう気がしないでもない。ちえり)

[PR]
# by blue-star-cherry | 2017-12-12 09:42 | ☆子ども

母と息子の攻防

先日運動会を終え、感じたことは「息子のリュック、小さいな」でした。

いや、成長したんですよね。ってことで、遠足には一回り大きくても。。。とリュックを新調しようと思ったわけですが。

いやね、ボーイズのアパレル関係、残念。「青きゃ、いいでしょ?え?みんなと被る?じゃ、緑。うーん、くろ?」みたいなね。
どのアイテムもそうなんですよ。リュックも例に漏れず。

ですが私、勝手に信じ込んでいる考えがありまして。
「アウトドアで使うものは、一目見て自分の物だと分かる方がいい。自然界に溶け込めないものがいい」
そう信じているわけです。

例えば、山登り。みんなの背中を見て歩きます。リュックだけで我が子を見つけられたら助かるのです。山の中で緑は見失うことがあるんです。
そう思って個性的であればあるほど良い、と思ってネットで下見をしていたら息子が一言。

「僕、柄ガラしたやつ、嫌だよ」

そうかぁ。。全く相容れない我ら。そして平然と放つ「あ、その青いの!!」
そんなの、絶対見分けられない。みんな青いんだよ!きっと。と思ったけど母は諦めなかった。
息子がワッペンの付いたリュックに少し反応をしたのを見逃さなかった!流石にそれは小さい子用だったけれど「じゃあ、自分のだって分かるシールみたいなの、付ける?」

もちろん、息子はちょー乗り気になってくれてリュックを持ってワッペンを買いに行く約束をした所で気づいた、リュックはナイロン製だからアイロン接着できないと言う落とし穴。

しかし!母に二言はない!

全部縫い付けました。途中で「なんで4つも付けていいなんて言っちゃったんだろう」とか泣き言を言いながら、なんとか完成!
位置も息子がこの辺がいい!と言うものをなるべく叶えられる様精一杯努力してみました。

なんだかマッコウクジラとブランドロゴの色が似過ぎてて、元からこうなんじゃ?と錯覚するほどだけれど、よく見れば縫い目が荒いので一発でバレます。

よーし、母は満足じゃ!

e0009240_21523999.jpg


[PR]
# by blue-star-cherry | 2017-10-08 21:34

節目を付ける日を終えて

先日、知人が亡くなりました。




その方は私にとって親戚のおじさんみたいな人で、一時期はおじさんと一緒に住んで居るのかと言うくらい会っておりましたが、最近は折に触れておじさんの家に行くと「元気?大きくなったね」と笑顔で言ってくれるような、やっぱり優しい親戚のおじさんでした。




ただ、訃報がYahoo!ニュースに出たり、あちこちで報道されているのを見て


「あれ?もしかして、親戚のおじさんじゃなくて、ものすごく遠い存在かも」


と寂しく思ってもいました。




本日、お別れの献花の式に行かせていただきました。


おじさんのところで出会ったたくさんの人と、再会をし、話をし、たくさんのファミリーとまた顔を合わせる事ができ、やっぱり親戚のおじさんだな、思った次第です。






ビートルズのいくつかの曲は、ジョンの声よりもチャッピーさんの方がしっくり来る自分がいます。


大きな写真を見て、ギター達はたくさんお店にあって、当然のように楽屋から「ヨロシクっ!」って出てきそうな気がしました。


でもチャッピーさんの実体はここにはなくて、でも存在を感じて。


アビーロードという空間はとても不思議だと思いました。






さて、先日子どもたちに亡くなった話をした時のこと。


娘は人の顔を覚えるのが得意だし年齢も上なので、どの人の事なのか分かるだろうと話をしました。


息子は両手でお釣りがくるくらいしか会った事がないし、我が家では「お歌のおじさん達」と教えてしまっていたので、個人で認識は難しいだろうと思っていました。


ところが息子が言うのです。


「ステージのこっちで弾いてて、メガネで、こーんな頭で、大きな声の!!」


正しく認識していると思い「すごいね。なんで覚えているの?」と聞いたら、もじもじしながら


お菓子くれたの」


いつの事か、寝てしまった娘を負ぶって帰り際に楽屋に顔を出した時、「起きたら分けるんだよ」と息子はお菓子を2つもらった事がありました。


さっきまでステージで歌っていた人だったけど、この人は僕にお菓子をくれる人だ!と覚えていたのだそう。




我が家にとってチャッピーさんは親戚のおじさんという存在だったようです。




どうぞ、ゆっくり休んでください。


[PR]
# by blue-star-cherry | 2017-09-23 22:34 | ☆徒然日記
我が子たちは野菜好きです。
そのため、この夏は野菜の確保に本当に困っています。
ほんと、雨と気温はどうにもならないので結局同じ野菜ばかりになっちゃうし。

先日久しぶりにたくさん野菜を仕入れまして、うきうき気分でツルムラサキを洗っておりました。
息子が芋虫の真似とか言いながらムシャムシャ食べるだろうな。とか思っていましたら。

なんと!
蝶だか何だかの蛹がくっついておりました。

どっぷり水に浸かっておりましたし、しばらく冷蔵庫に入っておりましたので、どうしようかと迷ったのですが、結局判断は子ども達に任せることに。

子ども達を呼ぶと、当然のように「飼おう!」と。
この個体が死んでしまっている可能性も理解した上でとにかく飼うことになりました。
ペットボトルをケース代わりにできたところで、二人して図鑑を持ってきました。
虫系の図鑑を二人で片っ端から見て「これに近い」と出した結論は「キアゲハ」。

答え合わせがしたいので、生きていることを願いながら、本日も霧吹きで水を補給しました。
なんだか蛹ですら可愛く感じてきてしまうこの頃です。

[PR]
# by blue-star-cherry | 2017-08-24 13:28 | ☆徒然日記

雨の中、上野

先日、結構な雨の中、上野までお出かけしたのです。
私たちの目的はトーハク、東京国立博物館です。

まさかこんな日なら混んでないだろうと思ったわけですよ。雨だし。
しかしながら上野駅を降りたら、結構な家族連れの数で。
「これはヤバい。さすがにこんなに雨が降っていて動物園はないだろうし、この全部が科博(科学博物館)に行くとは考えにくい。ってことはついにトーハクの時代がきたのか???」

って思ったけど、雨の中動物園の方に向かう人も多かったし、残りのみんなは科博の深海展の行列に並んでおりました。トーハクへ着くと、海外からの観光客ばかり。日本人はおりません。
でもね、追加料金なしで見られる屏風の展示、面白かったよ。多分、人生でこんなに屏風に興味を持つ瞬間はなかったと思うし。
そして、息子がある仏像の真似をして立っていたら拝んでくれちゃった男性、一緒に海獣と葡萄を探してくれた男性、着物を一緒にうっとり見てくれた女性、やっぱり感覚が違うので楽しいです。

建物を出た後、娘がしみじみと「海外の人ばかりだったね」というので「日本人の子供にあった?」と聞いたら「会ってない」と言いました。ちなみに日本人じゃない子供にはたくさん会いました。
日本人は美術・芸術作品があるところに子供連れで行くのをすごく躊躇うと思うんですが、この時にしかない感性で感想を言ってくれるのは本当に面白いし、私もかなり笑わせてもらいました。

そういう意味では国立西洋美術館のアルチンボルドは美術館側の新しい試みなのかな?公立のところは子供を嫌がらないけど、私立のところは嫌な顔をするところもあるし。
もっとこういうところが楽しいと感じられたら豊かな日々が過ごせるのにな。入場料620円だし、子供はかからなかったしね。などとも思いました。

ってことで今年も夏休みは美術館と博物館を巡ります。来週は古代オリエントに行きたいと思っておりますよ。特別展は魅惑のランプだそうです。ジーニーに会えるかな??

[PR]
# by blue-star-cherry | 2017-07-27 12:03 | ☆子ども

すねる猫

もー最近、猫のスネ具合が酷い。
特に午前中に用事で出かけると、帰ってきてから酷い。
そして帰宅後も何かやっていると、スネていたずらをしまくる。

今日は流石にひどくて、怒ったら、さらびにヒートアップ。あまりのことにちょっと時間が必要だと思って猫と別の部屋で過ごしました。
しばらく後、話でもしようかと側に行って、抱っこして、撫でてたらすっかりイイ子ちゃんに変身。
寂しかったのは分かるし、構って欲しかったのは分かるけど、やり方を覚えてほしいものです。

そんなわけで、今はピアノの上で呑気に寝ているのですよ。

[PR]
# by blue-star-cherry | 2017-06-13 14:52 | ☆徒然日記

猫との生活 ベンガル編

我が家のベンガルとの生活が3ヶ月ほど経ちました。

前の子(アビシニアン)との違いもいくつかあります。

なんといっても水を怖がらないのはすごい!
お風呂の蓋に乗るのは前の子もあったのですが、風呂場の床を水で流すくらいのシャワーでは出て行きません。そしてちょっとくらい濡れるの平気。なんならびしょ濡れも平気。
なので、濡れた場所を歩いたまま、部屋を歩いてしまいます。やめて欲しい。そして水が出ているところに顔を出します。興味>水怖い なのです。

あと運動量もすごい。前もアビだったのでそんなに動かない子ではなかったけれどすごいです。まだ成長期にあたるので、今後が若干心配。
かなり長い時間を駆け回っています。そしてこの子は一人遊びも得意なので、一緒の空間にいてあげればずっとおもちゃを咥えて運び、駆け回っています。

体のがっしり感もあります。
3kgほどでこの種にしては軽めだし、小さいです。でも、重たい。ほら、赤ちゃんとかって男の子と女の子の抱いた重さが違うじゃん?そういう感じで重たい。あと手が大きい。太いんじゃなくて、人間でいう掌が大きいって感じ。

頭がいい感じもします。っていうか、ずる賢い?だいたい猫は人間の2歳くらいの知能しかないって言われるけれど、もう少しありそうな感じ。「あー、子供騙しがきかなくなってきたなー」っていう頃の子供みたい。

そんなわけで、先ほど豪快に床を濡らしてくれたあと、今はおもちゃになってしまった、ゴミを追いかけて走り回っています。とっても面白い猫だと思うけれど、確かに飼いづらいかもね。こんなに動かれたら。水鉄砲効かないし。


[PR]
# by blue-star-cherry | 2017-06-09 11:05 | ☆徒然日記