ちえりのっ!!   キーボーディスト、  ちえり☆のお知らせページです


by blue-star-cherry
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
我が子たちは野菜好きです。
そのため、この夏は野菜の確保に本当に困っています。
ほんと、雨と気温はどうにもならないので結局同じ野菜ばかりになっちゃうし。

先日久しぶりにたくさん野菜を仕入れまして、うきうき気分でツルムラサキを洗っておりました。
息子が芋虫の真似とか言いながらムシャムシャ食べるだろうな。とか思っていましたら。

なんと!
蝶だか何だかの蛹がくっついておりました。

どっぷり水に浸かっておりましたし、しばらく冷蔵庫に入っておりましたので、どうしようかと迷ったのですが、結局判断は子ども達に任せることに。

子ども達を呼ぶと、当然のように「飼おう!」と。
この個体が死んでしまっている可能性も理解した上でとにかく飼うことになりました。
ペットボトルをケース代わりにできたところで、二人して図鑑を持ってきました。
虫系の図鑑を二人で片っ端から見て「これに近い」と出した結論は「キアゲハ」。

答え合わせがしたいので、生きていることを願いながら、本日も霧吹きで水を補給しました。
なんだか蛹ですら可愛く感じてきてしまうこの頃です。

[PR]
# by blue-star-cherry | 2017-08-24 13:28 | ☆徒然日記

雨の中、上野

先日、結構な雨の中、上野までお出かけしたのです。
私たちの目的はトーハク、東京国立博物館です。

まさかこんな日なら混んでないだろうと思ったわけですよ。雨だし。
しかしながら上野駅を降りたら、結構な家族連れの数で。
「これはヤバい。さすがにこんなに雨が降っていて動物園はないだろうし、この全部が科博(科学博物館)に行くとは考えにくい。ってことはついにトーハクの時代がきたのか???」

って思ったけど、雨の中動物園の方に向かう人も多かったし、残りのみんなは科博の深海展の行列に並んでおりました。トーハクへ着くと、海外からの観光客ばかり。日本人はおりません。
でもね、追加料金なしで見られる屏風の展示、面白かったよ。多分、人生でこんなに屏風に興味を持つ瞬間はなかったと思うし。
そして、息子がある仏像の真似をして立っていたら拝んでくれちゃった男性、一緒に海獣と葡萄を探してくれた男性、着物を一緒にうっとり見てくれた女性、やっぱり感覚が違うので楽しいです。

建物を出た後、娘がしみじみと「海外の人ばかりだったね」というので「日本人の子供にあった?」と聞いたら「会ってない」と言いました。ちなみに日本人じゃない子供にはたくさん会いました。
日本人は美術・芸術作品があるところに子供連れで行くのをすごく躊躇うと思うんですが、この時にしかない感性で感想を言ってくれるのは本当に面白いし、私もかなり笑わせてもらいました。

そういう意味では国立西洋美術館のアルチンボルドは美術館側の新しい試みなのかな?公立のところは子供を嫌がらないけど、私立のところは嫌な顔をするところもあるし。
もっとこういうところが楽しいと感じられたら豊かな日々が過ごせるのにな。入場料620円だし、子供はかからなかったしね。などとも思いました。

ってことで今年も夏休みは美術館と博物館を巡ります。来週は古代オリエントに行きたいと思っておりますよ。特別展は魅惑のランプだそうです。ジーニーに会えるかな??

[PR]
# by blue-star-cherry | 2017-07-27 12:03 | ☆子ども

すねる猫

もー最近、猫のスネ具合が酷い。
特に午前中に用事で出かけると、帰ってきてから酷い。
そして帰宅後も何かやっていると、スネていたずらをしまくる。

今日は流石にひどくて、怒ったら、さらびにヒートアップ。あまりのことにちょっと時間が必要だと思って猫と別の部屋で過ごしました。
しばらく後、話でもしようかと側に行って、抱っこして、撫でてたらすっかりイイ子ちゃんに変身。
寂しかったのは分かるし、構って欲しかったのは分かるけど、やり方を覚えてほしいものです。

そんなわけで、今はピアノの上で呑気に寝ているのですよ。

[PR]
# by blue-star-cherry | 2017-06-13 14:52 | ☆徒然日記

猫との生活 ベンガル編

我が家のベンガルとの生活が3ヶ月ほど経ちました。

前の子(アビシニアン)との違いもいくつかあります。

なんといっても水を怖がらないのはすごい!
お風呂の蓋に乗るのは前の子もあったのですが、風呂場の床を水で流すくらいのシャワーでは出て行きません。そしてちょっとくらい濡れるの平気。なんならびしょ濡れも平気。
なので、濡れた場所を歩いたまま、部屋を歩いてしまいます。やめて欲しい。そして水が出ているところに顔を出します。興味>水怖い なのです。

あと運動量もすごい。前もアビだったのでそんなに動かない子ではなかったけれどすごいです。まだ成長期にあたるので、今後が若干心配。
かなり長い時間を駆け回っています。そしてこの子は一人遊びも得意なので、一緒の空間にいてあげればずっとおもちゃを咥えて運び、駆け回っています。

体のがっしり感もあります。
3kgほどでこの種にしては軽めだし、小さいです。でも、重たい。ほら、赤ちゃんとかって男の子と女の子の抱いた重さが違うじゃん?そういう感じで重たい。あと手が大きい。太いんじゃなくて、人間でいう掌が大きいって感じ。

頭がいい感じもします。っていうか、ずる賢い?だいたい猫は人間の2歳くらいの知能しかないって言われるけれど、もう少しありそうな感じ。「あー、子供騙しがきかなくなってきたなー」っていう頃の子供みたい。

そんなわけで、先ほど豪快に床を濡らしてくれたあと、今はおもちゃになってしまった、ゴミを追いかけて走り回っています。とっても面白い猫だと思うけれど、確かに飼いづらいかもね。こんなに動かれたら。水鉄砲効かないし。


[PR]
# by blue-star-cherry | 2017-06-09 11:05 | ☆徒然日記

今月の目標(2017年6月版)

想定の範囲内なのですが、幼稚園への送り迎えがなくなって運動量が激減です。まあ、1日6kmのウォーキングだったのですから当然です。

だからって激太りとかしたわけじゃないのですが、なぜか実感する筋力低下。
そして以前なら20分で歩けた距離が30分かかる。

まあ、毎日PCの前に座っているだけなので当然ですよね。通勤とか移動とかで歩くでもなし。。

ってことで、今月は意識して運動します。
とりあえずは柔軟とかヨガ系とかかな。それでもすっごい疲れます。

とはいえ、夏へ向けてのこの時期は私の体は熱中症警報が毎日のように鳴っておりますので体調次第ですが。

あと、割と筋肉はつきやすい体質みたいなのでムキムキにならないように気をつけます。特に太ももの前の方。

っていう私の宣言を聞いてくれてありがとう!もし会うことがあれば「やってんの??」って言って。
[PR]
# by blue-star-cherry | 2017-06-08 11:36 | ☆徒然日記
先日出先でのこと。
ある大人の男性が大きな声で話していました。
まあ、クレームをつけていたわけですが、なんとも残念でした。

そもそも、クレームって今後のサービスとかの向上のために意見を言ったり、私はこんな困ったことがあったから次からはそうしないでくださいね、ってことだと思うのですが、
その人はなんていうか、駄々と屁理屈こねてるだけでなんかもう、残念。

その施設で対応に当たった方は全部で3人いたのですが、そちらの対応は完璧です。強いて言えば、偉い人が出てきた時点でそれまで対応した人がちょっと席を外せたら良かったと思うのですが、まあ、混んでいたので難しいですよね。
その男性は偉い人と話して一件落着となった後も、その前に話していたスタッフにぐちぐちと何かを言っていました。


さて、自分が利用する立場でクレームを言いたい気分だったとき「どうなってんだ!!」っていうより「すみませんが…」って言って、対応してもらった後で「ありがとう(ニッコリ)」ってした方が、確実にその後受け取れるサービスは良い物になります。
だって、対応してくれる人も人間だから。ゴネたもん勝ちってよく聞くけれど、その場はそうでも、後々は損します。
と、私は思います。私はサービス提供側だった時期はそうしてしまう人でした(お客様を色眼鏡で見てごめんなさい)。

そんなわけでその男性はその後もあちこちで悪態をついておりました。私、変に関わりたくなかった上、子連れでしたので、その場を離れました。
まあ、虫の居所が悪かったんでしょうね。できれば奥様かお子さんがとりなしてくれたら、うちの子たちがビビらずにすんだな…って思います。


っという「人のふり見て我がふり直せ」を身を以て感じた出来事でした。今後、笑顔を大事に生きていきたいと思っております。

って愚痴ってごめん⭐︎
[PR]
# by blue-star-cherry | 2017-06-05 15:48

ネコドア設置の話

我が家に来たネコはまだ子猫に分類される年で好奇心も旺盛。しかも運動能力高めというベンガルちゃんです。
以前いたアビシニアンだって決して運動しないわけじゃなかったけれど、大人だったし、比較的諦めるという言葉を知っていた気がします。

それにひきかえ不屈の精神を持ったネコは、何度怒られても失敗したりしてもへこたれずにチャレンジします。そのため、ネコが侵入できない場所を死守するために、ドアを設置しました。

さて、ネコドアと書いていますが、ネコが出入りするドアではありません。我が家のネコとネコアレルギーの人が一緒に生活するための最後で唯一の砦です。


まずは色々見てみたところ、皆さんかなり自作されている。専門で対応してくれるところもあるけれど、高額。

ということで、自作に決定。まずは扉自体に注目。私的に風と光が通ることは譲れない条件だったので、格子状のものを探すも、サイズが合わない。そのため、扉を自作している人も多数。でもそれは面倒。

ってことで、古民家建具を中心に探す
私の求めている幅より少し小さめの格子戸を発見、購入。

傷みもあるし、保護もしたいしでペンキを塗ることに。娘の部屋にも近いから、一緒にペンキを見に行ったところ、「舐められるやつじゃなくていいの?」と聞く娘に、ダメだとは言えず、選択肢は狭まりながらもペンキは決定。二度塗り。

階段上に設置予定だったので、当然ながら階段手すりとの干渉が気になる。ドアの幅も足りないし…ということをでディアウォールを使って手すりとほぼ同じ幅分、柱を張り出させて、そこにドアを固定
e0009240_1324175.jpg

注)ディアウォールの使用法として扉を設置するなと書いて有ります。今回の戸は2kg程度で重量も軽く、自己責任だしと思って設置しています。
鍵は打掛を使用予定(まだ放置)

ってことで、完成!!!


って思ったけれど、当然のことながら格子の横の部分に足をかけて登ってくる。すぐに突破されて悲しい気分だったけれど、想定の範囲内です。
e0009240_1325156.jpg

ですが、今回の格子戸で想定外だったのは「ほぞ」っていう格子を枠の外から操作できる部分がないってことで、横棒をのこぎりで切ろうかとも思ったけれど、一旦は透明アクリル板を張ることにしました。

今回使ったのはペラペラの完全に透明な板。選んだ理由は
・安い。傷だらけになるだろうし、汚れたりしても交換するのが惜しくない
・軽い。万が一落ちても誰も(ネコと子ども)が怪我をしない
です。
これをドア全体の1/3〜1/2くらいに貼り付けています。両面テープで。

これのおかげで登ることはなくなりました。しばらくはこのまま様子を見ようと思っています。

ということで、Twitterでネコドアを検索して見に来てくれる方への紹介でした。
[PR]
# by blue-star-cherry | 2017-05-09 13:29 | ☆徒然日記