ちえりのっ!!   キーボーディスト、  ちえり☆のお知らせページです


by blue-star-cherry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2016年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

息子の気持ち

割とヘラヘラしていた息子。いつもそう。
死という言葉を口にはするけれど、本当に理解できているのか、不安でした。

今日帰宅した際、みんな無意識に「ただいまー」と言っていました。
そして、息子は玄関の段差に座ってポツリ「誰もお帰りしてくれなくて、寂しい」

そう、いつもは猫が玄関まで来てくれたり、なんなら外に飛び出そうとしていました。
具合が悪くなってからは、好きなことをさせてあげようと思っていたこともあり、積極的に外に出していて、その時はいつも息子が「そらさーん、お外で遊ぼー」と声を掛けてくれていて、そのやりとりが出来ないと悟ったようでした。

そして、明日火葬すると実感したのか、やたらと声を掛けたり、「焼きたくない。ずっと居てほしい」という気持ちを口に出してくれたので、息子が死を理解できているのだということを私が認識できました。

実感してくれてからの火葬にして良かったと心から思います。明日以降、家族内にどんな空気が流れるのか、どんな気持ちを抱くのか全然わかりませんが、その都度みんなで乗り越えていけたらと思います。

ちなみに、時々思い出したようにグズグズいうけど、基本的にみんな前向きです。
明日、火葬後、また書いちゃうかも。読み飛ばしていいからね。
[PR]
by blue-star-cherry | 2016-12-28 21:55 | ☆徒然日記

星になる

午前中になんだかんだと呟いておりましたが、10年と少し一緒に住んでいた我が家の長女が星になりました。
本当に、どれ程辛いだろうと思っていたのに、実は心が穏やかです。一月も準備期間をくれたのですものね。

子どもたちにも始めからきちんとした病名や状況を説明しており、昨日の時点でかなり危ないと思っていたので、「起きたら死んでるかもしれないよ」と話していたのもあり、思いの外取り乱さずにいます。

もちろん悲しくないわけではありませんが、最後は子どもたちと順番に抱っこして、やれることはやったと思える時だったと思います。

昨夜の時点で号泣だった娘も、今日はシクシク程度で済んでいます。
子どもたちの死の理解度においてはひとえに宗教観だと思います。彼らはプロテスタント系の幼稚園に通っています。札幌でも東京でもそうでした。マイノリティが多い環境にいてほしいと思っての選択でしたが、聖書のお話の中などで出てくる死への対処法などが彼らを救ってくれています。
でも、家の隣が神社なので、「あ、ここの神様にも そらさんのことお願いしに来なきゃ」と言うちゃっかりした所もあります。

書きたい気持ちはたくさんあるのですが、今はその時ではないと思うので、やめておきます。
あ、あえて1つ後悔を述べるのであれば、痩せてきてしまった彼女を写真に納めることができなかった事でしょうか。事実を否定する最後の1つだったのかもしれません。今も寝ているのを撮れません。
これは火葬まで悩み続ける事でしょう。

最後にそらを様々な方法で愛でてくれた方々、最後が近いと知って私たちに声をかけてくれた皆様、ありがとうございます。来年の年賀状には毎年恒例で猫の写真が入ってしまっております。最後にチラリと思い出していただけると、彼女も喜びます。

[PR]
by blue-star-cherry | 2016-12-27 19:13 | ☆徒然日記

期待を裏切る

昨日息子の通う幼稚園のクリスマス会に参加してきました。
彼の通う幼稚園は教会付属なので、クリスマスは大きな行事です。

あるお母さんに言われました。
「あー!!うちの子、ちえりちゃんはこういう日は絶対着物で来る!って言って楽しみにしていたのに」
お子さんは女子。どんなのを着てくるのか楽しみにしていてくれたようです。
他の保護者の方にも言われたので、ある程度きちんとした服装で来なければいけない日=私は和服、というイメージが定着しているようです。

なんだか大変申し訳ない気分になってしまった、謝っておいてと言いましたが、
卒園式は皆さんのご期待に添えるように早起きをしたいと思っています。
[PR]
by blue-star-cherry | 2016-12-21 13:59

猫介護も一月ほど

経ちまして、この生活に慣れてきたと言えば、慣れてきました。

私の一番の仕事はどうやって猫に食事を摂ってもらうか、です。
調子がいいときは放っておいてもどんどん食べてくれるけれど、そうでないと食べてくれません。
強引に口に突っ込んでも上手に吐き出すし、寝てばかりいるときは餌の場所まで行くのも面倒なようなので
とにかく、声をかけています。
「そらさん、ごはん」と

人間もごはんだと思うとお腹は空いてくるし、いい匂いがすればお腹がいっぱいでもたべれるのだから、
猫も同じかな?と思って。

それと、頻繁に外に出します。動けばお腹がすくでしょ?外に行けば刺激があるから、動いちゃうでしょ?
今日も鳥を追って走っていました。もちろん、全く捕まえられそうではなかったけれど。

最近は1日数グラムしか食べない日もあるのに、思いの外動いています。なんでだろう?
少しでも長く一緒にいてくれたら嬉しいな。
[PR]
by blue-star-cherry | 2016-12-21 13:09 | ☆徒然日記