ちえりのっ!!   キーボーディスト、  ちえり☆のお知らせページです


by blue-star-cherry
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2017年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

節目を付ける日を終えて

先日、知人が亡くなりました。




その方は私にとって親戚のおじさんみたいな人で、一時期はおじさんと一緒に住んで居るのかと言うくらい会っておりましたが、最近は折に触れておじさんの家に行くと「元気?大きくなったね」と笑顔で言ってくれるような、やっぱり優しい親戚のおじさんでした。




ただ、訃報がYahoo!ニュースに出たり、あちこちで報道されているのを見て


「あれ?もしかして、親戚のおじさんじゃなくて、ものすごく遠い存在かも」


と寂しく思ってもいました。




本日、お別れの献花の式に行かせていただきました。


おじさんのところで出会ったたくさんの人と、再会をし、話をし、たくさんのファミリーとまた顔を合わせる事ができ、やっぱり親戚のおじさんだな、思った次第です。






ビートルズのいくつかの曲は、ジョンの声よりもチャッピーさんの方がしっくり来る自分がいます。


大きな写真を見て、ギター達はたくさんお店にあって、当然のように楽屋から「ヨロシクっ!」って出てきそうな気がしました。


でもチャッピーさんの実体はここにはなくて、でも存在を感じて。


アビーロードという空間はとても不思議だと思いました。






さて、先日子どもたちに亡くなった話をした時のこと。


娘は人の顔を覚えるのが得意だし年齢も上なので、どの人の事なのか分かるだろうと話をしました。


息子は両手でお釣りがくるくらいしか会った事がないし、我が家では「お歌のおじさん達」と教えてしまっていたので、個人で認識は難しいだろうと思っていました。


ところが息子が言うのです。


「ステージのこっちで弾いてて、メガネで、こーんな頭で、大きな声の!!」


正しく認識していると思い「すごいね。なんで覚えているの?」と聞いたら、もじもじしながら


お菓子くれたの」


いつの事か、寝てしまった娘を負ぶって帰り際に楽屋に顔を出した時、「起きたら分けるんだよ」と息子はお菓子を2つもらった事がありました。


さっきまでステージで歌っていた人だったけど、この人は僕にお菓子をくれる人だ!と覚えていたのだそう。




我が家にとってチャッピーさんは親戚のおじさんという存在だったようです。




どうぞ、ゆっくり休んでください。


[PR]
by blue-star-cherry | 2017-09-23 22:34 | ☆徒然日記