ちえりのっ!!   キーボーディスト、  ちえり☆のお知らせページです


by blue-star-cherry
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

猫と子どもと私のこと

さて、猫がいない日常が始まりました。

何と言っても、冬休み中の出来事でしたので、どのようになるのかとても心配していましたが、相変わらずです。
息子はやはり、帰宅直後に寂しい気持ちになるようです。子どもたちは二人でリビングで遊んでいる時に実感するようです。私は食事を作りながら、家事をしながら彼女の存在を探してしまいます。

ですがそれほどお通夜みたいな雰囲気ではありません。実は次の子はどうしようかという話もかなり早い段階から出ています。
失恋には新しい恋、と同じくらいペットロスには新しいペットという言葉が定着しているようなので、それが良いのかもしれません。

猫ですが、今回は火葬後に粉骨という加工をしてもらいました。まあ、わかりやすく言えば海に散骨する時みたいに粉々にする、です。
その前に骨の形のままでそれぞれが気に入った形のパーツを粉骨せずに残しました。すると粉骨された分はものすごく小さくなりました。骨壺のまま置いておくのもなんだったので、ラムネ瓶のような入れ物に入れました。多分200ml、入りきっています。その状態で彼女が好きだった日向ぼっこスペースに置いてあります。つい見てしまいます。本当はプランターなんかに混ぜようと思っていたけれど、できないような気がします。

数日前、iPhoneに収められていた猫の写真を見返しました。iPhoneに変えて最初に撮った写真は猫でした。一昨年くらいから猫の顔つきが変わり始めていました。きっとその辺りから腎不全は始まっているのでしょう。度々こうして見ていれば顔つきが変わったのもわかったのかもしれませんが、タラレバはこうなってしまっては遅いのですよね。本当、あの子はよく隠し通してきたものです。

我が家としては食べ終わった食器をすぐに片付けずとも、猫に襲われる心配はなく、階段上の柵を閉め忘れても猫が侵入してくることもなく、片付けなくても猫に荒らされるはずもないので、家の中は荒れる一方です。よくない傾向にあると思います。そろそろ真剣に次のペットに目を向けなければいけないのかもしれません。
[PR]
# by blue-star-cherry | 2017-01-10 14:29

小児科の危険

息子はアトピーな上ヘルペス持ちなのでかなりの頻度で皮膚科に通っています。
しかし、通っている皮膚科が最近診療時間を短くしました。診療日も減らしました。なかなか順番が回ってきません。
そこで、いつも行っている小児科にシフトしようかと考えていた時、皮膚科がまだ正月休みなのに塗り薬がなくなるという事件が!!
とりあえず小児科にもらいに行ったのですが、その時に私に考えを変えさせる出来事が!!

周りの子供達がめちゃめちゃ具合悪そう。

そうです。我ら人間、医療技術が上がって怪我ではなかなか重症にならなくなりましたが、病気は重症になるのです。隣はインフル陽性、どう見ても胃腸炎の子、そんな中アトピーでは通えないと思ってしまいました。

ちなみに我が子、二人合わせても年間10回も小児科にお世話になることはありません。健康で何よりです。
[PR]
# by blue-star-cherry | 2017-01-06 13:42 | ☆子ども

息子の気持ち

割とヘラヘラしていた息子。いつもそう。
死という言葉を口にはするけれど、本当に理解できているのか、不安でした。

今日帰宅した際、みんな無意識に「ただいまー」と言っていました。
そして、息子は玄関の段差に座ってポツリ「誰もお帰りしてくれなくて、寂しい」

そう、いつもは猫が玄関まで来てくれたり、なんなら外に飛び出そうとしていました。
具合が悪くなってからは、好きなことをさせてあげようと思っていたこともあり、積極的に外に出していて、その時はいつも息子が「そらさーん、お外で遊ぼー」と声を掛けてくれていて、そのやりとりが出来ないと悟ったようでした。

そして、明日火葬すると実感したのか、やたらと声を掛けたり、「焼きたくない。ずっと居てほしい」という気持ちを口に出してくれたので、息子が死を理解できているのだということを私が認識できました。

実感してくれてからの火葬にして良かったと心から思います。明日以降、家族内にどんな空気が流れるのか、どんな気持ちを抱くのか全然わかりませんが、その都度みんなで乗り越えていけたらと思います。

ちなみに、時々思い出したようにグズグズいうけど、基本的にみんな前向きです。
明日、火葬後、また書いちゃうかも。読み飛ばしていいからね。
[PR]
# by blue-star-cherry | 2016-12-28 21:55 | ☆徒然日記

星になる

午前中になんだかんだと呟いておりましたが、10年と少し一緒に住んでいた我が家の長女が星になりました。
本当に、どれ程辛いだろうと思っていたのに、実は心が穏やかです。一月も準備期間をくれたのですものね。

子どもたちにも始めからきちんとした病名や状況を説明しており、昨日の時点でかなり危ないと思っていたので、「起きたら死んでるかもしれないよ」と話していたのもあり、思いの外取り乱さずにいます。

もちろん悲しくないわけではありませんが、最後は子どもたちと順番に抱っこして、やれることはやったと思える時だったと思います。

昨夜の時点で号泣だった娘も、今日はシクシク程度で済んでいます。
子どもたちの死の理解度においてはひとえに宗教観だと思います。彼らはプロテスタント系の幼稚園に通っています。札幌でも東京でもそうでした。マイノリティが多い環境にいてほしいと思っての選択でしたが、聖書のお話の中などで出てくる死への対処法などが彼らを救ってくれています。
でも、家の隣が神社なので、「あ、ここの神様にも そらさんのことお願いしに来なきゃ」と言うちゃっかりした所もあります。

書きたい気持ちはたくさんあるのですが、今はその時ではないと思うので、やめておきます。
あ、あえて1つ後悔を述べるのであれば、痩せてきてしまった彼女を写真に納めることができなかった事でしょうか。事実を否定する最後の1つだったのかもしれません。今も寝ているのを撮れません。
これは火葬まで悩み続ける事でしょう。

最後にそらを様々な方法で愛でてくれた方々、最後が近いと知って私たちに声をかけてくれた皆様、ありがとうございます。来年の年賀状には毎年恒例で猫の写真が入ってしまっております。最後にチラリと思い出していただけると、彼女も喜びます。

[PR]
# by blue-star-cherry | 2016-12-27 19:13 | ☆徒然日記

期待を裏切る

昨日息子の通う幼稚園のクリスマス会に参加してきました。
彼の通う幼稚園は教会付属なので、クリスマスは大きな行事です。

あるお母さんに言われました。
「あー!!うちの子、ちえりちゃんはこういう日は絶対着物で来る!って言って楽しみにしていたのに」
お子さんは女子。どんなのを着てくるのか楽しみにしていてくれたようです。
他の保護者の方にも言われたので、ある程度きちんとした服装で来なければいけない日=私は和服、というイメージが定着しているようです。

なんだか大変申し訳ない気分になってしまった、謝っておいてと言いましたが、
卒園式は皆さんのご期待に添えるように早起きをしたいと思っています。
[PR]
# by blue-star-cherry | 2016-12-21 13:59

猫介護も一月ほど

経ちまして、この生活に慣れてきたと言えば、慣れてきました。

私の一番の仕事はどうやって猫に食事を摂ってもらうか、です。
調子がいいときは放っておいてもどんどん食べてくれるけれど、そうでないと食べてくれません。
強引に口に突っ込んでも上手に吐き出すし、寝てばかりいるときは餌の場所まで行くのも面倒なようなので
とにかく、声をかけています。
「そらさん、ごはん」と

人間もごはんだと思うとお腹は空いてくるし、いい匂いがすればお腹がいっぱいでもたべれるのだから、
猫も同じかな?と思って。

それと、頻繁に外に出します。動けばお腹がすくでしょ?外に行けば刺激があるから、動いちゃうでしょ?
今日も鳥を追って走っていました。もちろん、全く捕まえられそうではなかったけれど。

最近は1日数グラムしか食べない日もあるのに、思いの外動いています。なんでだろう?
少しでも長く一緒にいてくれたら嬉しいな。
[PR]
# by blue-star-cherry | 2016-12-21 13:09 | ☆徒然日記

介護生活突入

我が家の猫、そら10歳。
腎不全と診断されました。


まあ、ストレスに弱い子だし、年齢もあるし、仕方ないのかなとも思いますが、少し早いようにも思います。
本当は最初だけでも入院して管理をしたほうが、と言われたのですが、病院に着くなり大暴れして、みんなに威嚇しまくって、診察は3人掛かりという状況を見て「この子は通院のほうがいいと思います」と言い切られるほどでした。
多分最終的には自宅点滴に切り替えて様子を見ることになるんでしょう。

思春期の子供たちの良き話し相手になって欲しいと思っていたけれど、妄想で終わりそうです。子供たちからしたらお姉さんな猫がいてくれたら、私が心強いのにな。


そんなわけで、最近は食欲が落ちているので、口にふやかしたドライフードを突っ込んで食べさせてます。少し食欲が戻ってきたのか、今日は自分で餌のところに行って食べていました。

彼女が辛くない日々を送ってくれたらいいと思います。でも、少しでも長く私のそばにいて欲しいものです。
[PR]
# by blue-star-cherry | 2016-11-17 10:58 | ☆徒然日記