ちえりのっ!!   キーボーディスト、  ちえり☆のお知らせページです


by blue-star-cherry
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

学校初日

さて、都内小学校が初日を迎えました。我が子もそろそろ帰宅すると思いますが、若干心配です。

先週あたりから二人ともにイライラというか焦りみたいなのが感じられ、娘は安定の「お腹痛い」宣言。
なんて声かけようか迷ったけど「あー、いつものストレスね」なんて言えるわけもなく「困ったねー」で押し通してしまいました。

とはいえ、この夏休み、子供達がのびのびと過ごしたのは本当だし「海外」という日本以外の考え方で生きている人たちを見せられたのが一番の収穫です。
娘は「あんな風に道路に座ってダラダラしている大人がいる」という他人の目を気にしないとか、お互いに気にしないという考え方に少なからずショックを受けたようです。

あ、行った都市はハノイです。

清潔感もかなり衝撃だったようで、屋台は行かなかった(行けなかった)けど店舗も「ここのは嫌だ」とか言う始末でした。まあ、それも世界を知るだよね。

そして帰国翌日、息子は「次はフランスに!」と言うのです。
細かく聞けばルーブル美術館でダヴィンチの作品を見せろ、と言うのが大きな要望。そうなるとイタリアでは?と思いつつイタリアはレベル高すぎるなーとも思い
ロンドンを提案してしまいました。

博物館美術館好きすぎる我が家には一番の選択肢だと思います。

ってことで我が家の夏休みの思い出でした。

[PR]
# by blue-star-cherry | 2018-09-03 12:30

娘と学校

新年度になって2ヶ月が過ぎようとしています。
娘はやっと学校への不信感が薄れてきたようです。

4月当初は「またきっと、あんな風に良くない状況になる」と怯えてばかりいました。
また行けなくなったら、戻るのが大変だ。そんな気持ちは子供にもあるようです。
もちろん、学校なんて行かなくてもいいとは伝えても、本人は学校が好き。本当は行きたくて仕方なかったというのをそういう風に表現しているのだなと思います。

ゴールデンウィークが明けた頃から「学校いやだ」という話が少なくなりました。
我が家は「本日のいいこと悪いこと」を発表し合うのですが、「いいことも悪いこともなかった」と答えるようになったのです。
以前は「こんな悪いことが」しか言わなかったので、良いことがなくても悪いことがなければ大丈夫!だと思っています。

そんなわけで今、私は家におります。

3月は毎日、いつでも学校におりました。少しは平和になったかな?と思っています。
今後も要注意で見守って行かなければいけないけれど、ひと段落。
いつか、学校楽しいって言ってくれる日が来たらいいな。

[PR]
# by blue-star-cherry | 2018-05-31 14:09 | ☆子ども

新しい相棒

かれこれ10年以上にわたり共に過ごしてきた自転車さんとお別れし、新しい相棒に変わりました。

フレーム以外全交換と言われてしまったので、以前から考えていたサスペンション無しのものに買い換えることとしました。


そして、本日納車だったのですが、早い。
めちゃ早い。
タイヤが細くなって怖い。サスペンションの効果って凄い。と思いながら走りました。

とは言え、多分慣れれば十分な性能なので、これからたくさん乗りたいと思います。


いやー、凄いなあ。
あ、また青色です。見つけても落書きしないでね。

[PR]
# by blue-star-cherry | 2018-05-05 14:59 | ☆徒然日記

始業式まで、あと4日

さて、四月になり月曜日。
お風呂に入る直前の2人の瞬間に娘はぽろっと言いました。

「ママに言っても仕方ないことは分かっているんだけど、聞いてくれる?今年は大丈夫かな?」

とにかく新年度が不安なのだそう。
新年度なんて何もなくても不安なのに、昨年度末が酷かったせいで学校に良いイメージが持てないらしい。

だからママ、言っちゃいました。
「今年は無理だと思ったら早めに学校から抜け出そう」
去年ももっと早く様子を見に行って、「こりゃ無理だ」という判断をしていれば良かった、というのが私の反省点。
なので、私の今年度の目標は「娘に無理をさせない」です。

小さい頃から特にメンタル弱めだった娘は、昨年度前半でかなり鍛えられたと思います。あのクラスで過ごしたためでもあり、その点においては非常に感謝をしています。
でも後半はメンタルどうこうの前に様子を見に来ている大人たちだってイライラしてしまう状況。もう、子供だから仕方がないとか、それもまた可愛い、とかいう状況ではなくなっていました。娘のように学校から離れる子、黙ってただひたすら耐える子も複数いて、本当に笑顔が少なくて、他人の子ながら見ていられないくらいだと思ったこともあります。みんな常に緊迫しているからか、自分のお母さんが来てくれると口元がふっと緩むのが印象的でした。
昨年度のクラスの子の何人かは、なんていうか社会性というものを知らなすぎて。春休みの数週間で社会性が身につくとも思えないし、メンツが変わったところで人間大きくは変わらないし、徐々に変わってはいけるとは思うけれど、それは良い環境にあれば良い方向に変われるということでもあると思うので。

今年は娘が無駄に苦しまずに過ごせたらと思います。
ああ、始業式が心配。。。



[PR]
# by blue-star-cherry | 2018-04-02 20:54

春は外が気持ちいい

猫の予防接種に行ってきました。
前飼っていた猫とは違い、おてんばだけれど気性は荒くない猫ですが、
お出かけだとわかった瞬間に私に爪を立ててまで、外出拒否をする徹底っぷりでした。

その割に注射を打たれた瞬間もビクともせず、怖すぎてパソコンの後ろに隠れようとしたりする臆病ぶりには驚きます。

そして、帰宅。
家の前の階段を駆け上がり、嬉々として帰っていくので玄関のドアを開けてあげると

「え??家の中には入りませんよ??」

みたいな顔でこちらを見るのです。
しばらく待ってみましたが、頑として家の中に入ろうとしないので、子供達にねこもりを頼みました。
一緒に庭で遊ぶ様子はとっても可愛いですね。

さて、注射も打ったことだし、そろそろ入って欲しいところです。お昼ご飯をエサに招き入れましょうかね。

[PR]
# by blue-star-cherry | 2018-04-02 11:57
我が子が「行きたくない」と言い出したからか、最後だからと学校も本腰を入れ出したのか、保護者会で「見守り」というボランティアを募って子供達に大人が見ているという心理戦を挑んだ学校。
効果を表し始めたように思います。

座っていられない子が偶然お休みだったり、騒いでしまう子の保護者の方が学校に来てくれたりして、全員がテストを座って受けられるという状態を見た日には軽く感動しました。
と書けば今までの状況がどんなものだったかわかるでしょう。テストだろうと何だろうと、立ち歩く、話す、何なら紙でボールを作ってキャッチボールとかもありました。大成長です。

それに多くの保護者の方と知り合いにもなれたのもこの数週間の良かった事です。
「よく来ているのですか?」という問いに対して、こういう事情で一緒に登校しているのです、と私は伝えています。もちろん娘本人はクラスメイトには精神的なダメージからの不登校とは知られたくないと思っているようですが、親達の立場からすれば「なんであの人毎日来てるの?」となってしまうから私は正直に言うよ!と娘に宣言もしております。
本日は年に一回学校にくるか来ないかという保護者の方が来てくれていました。まあ、何度も電話が来ているそうですが男の子の親としては「子供が何の話をしているのか分からない」というのも良く分かります。チンプンカンプンですから。
その方は「今の学校ってどこまで怒れるの?学校来るな!とか言えないの?」と言っていました。今日いい方ですよ、と言ったら絶句していました。そうですよね、自分の子だったら殴って連れ帰りますよ、私なら。まあ、先日連れ帰ったんですけど「人にやられて嫌だって思うなら、自分もするなー!」とみんなの前でブチ切れて。反省しています。

さて、本日午後は学級活動。私の忍耐力が試される時間です。他人の子は怒らない・注意に止めるとは決めていますが、あまりのことにイライラが隠せない学級活動です。ええ、それでも行きますよ。娘が望むなら。

明日は土曜日、学校が休みで嬉しいなんて高校生以来の気分ですよ。

[PR]
# by blue-star-cherry | 2018-03-16 13:24
娘は若干元気なってきたのか、今週は水曜日以外登校すると言う頑張り具合です。
火曜は本人がスクールカウンセラーとの面談、保護者会。
水曜休んで木曜は私が学校長、副校長との面談と、わりかし忙しめの毎日を送っています。

保護者会での説明の仕方や、オブラートに包む物の言い方には不信感を覚えますが、校長達との面談では危機感や対応が後手に回った認識はあるとの事で、まあ、これも仕方ないのかなと。
ただ、やっぱり、私毎日学校に行くのは大変なので来年度もこのような状態で付き添わなければ行けないのなら、積極的に不登校を選択するかも、と断言してきました。
だって週末ぐったりしちゃうんだもん。今は年度末までって頑張ってるけど、先が見えなきゃ続けられないよ。


保護者会では保護者にボランティアで教室の見守りを依頼していて、昨日はヤンチャな子のお母さんが来てくれました。フルタイムでお仕事をされている方なので、絶対来ないと思ってたし驚いたけれど、凄く効き目があって娘は「今日は大丈夫だった!!」と帰宅。
その反面、担任が時間割を書き間違えてて、その間違ったものに合わせて娘が「クラスに居なくても良いよ」と言った時間帯に校長達との面談をセッティングしたら、授業が全然無理だったらしく保健室に逃げ込んでいました。
うーん、保健室登校ってどうなの??意味あるの?(←家で一人でお留守番になる子には意味あると思うけど、我が家はそうじゃないし。。)と来年度どのような生活になるのかを少し考え始めています。


今日も「テスト中は出てもらえますか?」と言われたので、「私がクラス内にいるかどうかの決定権は娘にあります」と言ってしまいました。答え方とかに私の余裕のなさが出てしまって申し訳ないとか思ったけど、まあ事実だし。この辺はまた上層部との話し合いになるのかな??

今週はかなりハードだったなー。と思いながら週末のリフレッシュ方を考え中です。私的には寝たいです。
さて、もう一度行ってきます!!

[PR]
# by blue-star-cherry | 2018-03-09 11:19 | ☆子ども