ちえりのっ!!   キーボーディスト、  ちえり☆のお知らせページです


by blue-star-cherry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

子どもとポール!!

子どもとポール・マッカートニーの東京ドーム公演に行ってきました!!
子どもたちにとっては初の大きな会場でのライブ、きっと色々な刺激があったと思います。

まず、子どもたちは東京ドームに初潜入!そりゃあ楽しいですよ。
始まる前に、照明とPAの卓に気づき、「あれは何だ?」となりました。
テレビでライブ映像など見ることはあっても、照明とPAの存在は意識できません。せめてカメラチームに気付くくらい。
あと、DJも新鮮だったようです。存在も知らなかったらしく。

あ、VIPが入場してくるのも見えまして。(たぶんYOSHIKIさん)目立ちすぎじゃ??とも盛り上がりました。

さて、ライブですが、周りの大人が全員立ってしまったら見えないな。。。とか思っていたけれど、ご年配の方が多かったせいか、ほとんどの方が座って見ていました。おかげで我が子たちもゆっくり見ることができてよかったです。ほんと、助かりました。
かと言って、盛り上がっていなかったわけではなく、周りの大人たちがはしゃぐ姿を見て、一緒に歌ったりしていいんだ!!と思ったようです。彼らなりに楽しんでいました。


明けて今朝、子どもたちに一番印象深かったのはどの曲か聞いてみたところ二人して「どかーんってなるやつ」と答えました。分かるよ、live and let dieのライブでの破壊力は半端ないよね。だって分かってても、あの瞬間にニヤニヤしちゃうもんって思って、朝の支度をしながら流してみると息子がポカンとなりました。
「こんな曲だっけ?」
でも、近づいてくると、ニヤニヤし始めて、二人して耳を覆う素振りがとっても可愛かった!
「そう!なんか優しい感じになって、いい気分だなーってなってる時に、どかーんってなるの」

他にも娘は去年の音楽会でオブラディを演奏したので嬉しかったとか、映画SINGでナナが歌うGolden Slumbersを「え??この人の曲なの??」と聞いていたのには驚きました。私、言ったことあった気がするけど

あとlove me doの時に娘は「あー!!お歌のおじさんたちがいつも歌ってるやつ」とか言ってて
4年生にもなってお歌のおじさんは良くないと思ったので早々にアビーに連れて行って「パロッツ」という
名前を教えます。

感想は尽きないですが、何が言いたかったかって、
楽しかったってこと。子どもたちもすごく楽しかったってこと。
人生において、彼らはもう大規模コンサートに行かない可能性もあるけど
その唯一がポールで良かったと思えます。
だって、何万人と合唱することなんて、普段の生活ではないよね?
しかも、その曲は世界でたくさんの人が歌ったことがあるんだよ?

帰路では眠そうな顔をしながら「全然眠たくない!楽しかった」というキラキラした顔が印象的でした。


家族に素敵な時間をくれてありがとう、ポール!!!


[PR]
# by blue-star-cherry | 2018-11-02 09:08 | ☆徒然日記
最近、子供と「子供達が小さかった頃」という話をすることが多くありまして。

先日も3人で話していたんです。
「息子は小さい時は、あんまり泣かないし、なかなかお話ししなかったのに、今はめっちゃおしゃべりね」とか
「娘は小さい時から、その日にあったことを詳しく話してくれたよ」とか。

その中で夜泣きの話になったんです。

「娘は本当に夜泣きが酷くて、私も泣きたかったよ」とか言いながら、最近はめっきり減ったなーと思いつつ
「なんで、あんなに泣いていたんだろうね」と私が言ったら

「なんで分かんないの?まだ寝たくなかったんでしょ?」
と息子が驚くことを言いました。

そっかー、寝たくなかったのかー。それを無理やり寝かそうとしてごめんね、という気持ちになって
「じゃあ、言ってくれればよかったのに」と言ったところ
娘に「言えなかったんだもん!じゃあ、今、寝たくないって言ったら、寝なくていいの?」と聞かれました。


「そんな訳ない!」と返しながら、寝かしつけについて、こんなにゆったりした気持ちになれるものなのだと、心底思いましたが
当時は、もし「寝たくない」と言われても「私が寝たいんだ!」と怒ってしまっていただろうな。

そのまま、いろいろ話していたら、娘が「ママ、ごめんね。ありがと」と言ってくれて、もう、なんかね。

今、夜泣きで泣きそうになっている人は、是非ともその状態を動画に!!
何年も後になって、子供が「ごめんね」してくれて、報われた気分になった人より。

あ、ちなみに娘10歳ですが、直近の夜泣きは半年ほど前でしたので。。でも年に数回なら許せるよね。

[PR]
# by blue-star-cherry | 2018-10-11 10:56 | ☆子ども

学校初日

さて、都内小学校が初日を迎えました。我が子もそろそろ帰宅すると思いますが、若干心配です。

先週あたりから二人ともにイライラというか焦りみたいなのが感じられ、娘は安定の「お腹痛い」宣言。
なんて声かけようか迷ったけど「あー、いつものストレスね」なんて言えるわけもなく「困ったねー」で押し通してしまいました。

とはいえ、この夏休み、子供達がのびのびと過ごしたのは本当だし「海外」という日本以外の考え方で生きている人たちを見せられたのが一番の収穫です。
娘は「あんな風に道路に座ってダラダラしている大人がいる」という他人の目を気にしないとか、お互いに気にしないという考え方に少なからずショックを受けたようです。

あ、行った都市はハノイです。

清潔感もかなり衝撃だったようで、屋台は行かなかった(行けなかった)けど店舗も「ここのは嫌だ」とか言う始末でした。まあ、それも世界を知るだよね。

そして帰国翌日、息子は「次はフランスに!」と言うのです。
細かく聞けばルーブル美術館でダヴィンチの作品を見せろ、と言うのが大きな要望。そうなるとイタリアでは?と思いつつイタリアはレベル高すぎるなーとも思い
ロンドンを提案してしまいました。

博物館美術館好きすぎる我が家には一番の選択肢だと思います。

ってことで我が家の夏休みの思い出でした。

[PR]
# by blue-star-cherry | 2018-09-03 12:30

娘と学校

新年度になって2ヶ月が過ぎようとしています。
娘はやっと学校への不信感が薄れてきたようです。

4月当初は「またきっと、あんな風に良くない状況になる」と怯えてばかりいました。
また行けなくなったら、戻るのが大変だ。そんな気持ちは子供にもあるようです。
もちろん、学校なんて行かなくてもいいとは伝えても、本人は学校が好き。本当は行きたくて仕方なかったというのをそういう風に表現しているのだなと思います。

ゴールデンウィークが明けた頃から「学校いやだ」という話が少なくなりました。
我が家は「本日のいいこと悪いこと」を発表し合うのですが、「いいことも悪いこともなかった」と答えるようになったのです。
以前は「こんな悪いことが」しか言わなかったので、良いことがなくても悪いことがなければ大丈夫!だと思っています。

そんなわけで今、私は家におります。

3月は毎日、いつでも学校におりました。少しは平和になったかな?と思っています。
今後も要注意で見守って行かなければいけないけれど、ひと段落。
いつか、学校楽しいって言ってくれる日が来たらいいな。

[PR]
# by blue-star-cherry | 2018-05-31 14:09 | ☆子ども

新しい相棒

かれこれ10年以上にわたり共に過ごしてきた自転車さんとお別れし、新しい相棒に変わりました。

フレーム以外全交換と言われてしまったので、以前から考えていたサスペンション無しのものに買い換えることとしました。


そして、本日納車だったのですが、早い。
めちゃ早い。
タイヤが細くなって怖い。サスペンションの効果って凄い。と思いながら走りました。

とは言え、多分慣れれば十分な性能なので、これからたくさん乗りたいと思います。


いやー、凄いなあ。
あ、また青色です。見つけても落書きしないでね。

[PR]
# by blue-star-cherry | 2018-05-05 14:59 | ☆徒然日記

始業式まで、あと4日

さて、四月になり月曜日。
お風呂に入る直前の2人の瞬間に娘はぽろっと言いました。

「ママに言っても仕方ないことは分かっているんだけど、聞いてくれる?今年は大丈夫かな?」

とにかく新年度が不安なのだそう。
新年度なんて何もなくても不安なのに、昨年度末が酷かったせいで学校に良いイメージが持てないらしい。

だからママ、言っちゃいました。
「今年は無理だと思ったら早めに学校から抜け出そう」
去年ももっと早く様子を見に行って、「こりゃ無理だ」という判断をしていれば良かった、というのが私の反省点。
なので、私の今年度の目標は「娘に無理をさせない」です。

小さい頃から特にメンタル弱めだった娘は、昨年度前半でかなり鍛えられたと思います。あのクラスで過ごしたためでもあり、その点においては非常に感謝をしています。
でも後半はメンタルどうこうの前に様子を見に来ている大人たちだってイライラしてしまう状況。もう、子供だから仕方がないとか、それもまた可愛い、とかいう状況ではなくなっていました。娘のように学校から離れる子、黙ってただひたすら耐える子も複数いて、本当に笑顔が少なくて、他人の子ながら見ていられないくらいだと思ったこともあります。みんな常に緊迫しているからか、自分のお母さんが来てくれると口元がふっと緩むのが印象的でした。
昨年度のクラスの子の何人かは、なんていうか社会性というものを知らなすぎて。春休みの数週間で社会性が身につくとも思えないし、メンツが変わったところで人間大きくは変わらないし、徐々に変わってはいけるとは思うけれど、それは良い環境にあれば良い方向に変われるということでもあると思うので。

今年は娘が無駄に苦しまずに過ごせたらと思います。
ああ、始業式が心配。。。



[PR]
# by blue-star-cherry | 2018-04-02 20:54

春は外が気持ちいい

猫の予防接種に行ってきました。
前飼っていた猫とは違い、おてんばだけれど気性は荒くない猫ですが、
お出かけだとわかった瞬間に私に爪を立ててまで、外出拒否をする徹底っぷりでした。

その割に注射を打たれた瞬間もビクともせず、怖すぎてパソコンの後ろに隠れようとしたりする臆病ぶりには驚きます。

そして、帰宅。
家の前の階段を駆け上がり、嬉々として帰っていくので玄関のドアを開けてあげると

「え??家の中には入りませんよ??」

みたいな顔でこちらを見るのです。
しばらく待ってみましたが、頑として家の中に入ろうとしないので、子供達にねこもりを頼みました。
一緒に庭で遊ぶ様子はとっても可愛いですね。

さて、注射も打ったことだし、そろそろ入って欲しいところです。お昼ご飯をエサに招き入れましょうかね。

[PR]
# by blue-star-cherry | 2018-04-02 11:57