ちえりのっ!!   キーボーディスト、  ちえり☆のお知らせページです


by blue-star-cherry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:☆子ども( 228 )

最近、子供と「子供達が小さかった頃」という話をすることが多くありまして。

先日も3人で話していたんです。
「息子は小さい時は、あんまり泣かないし、なかなかお話ししなかったのに、今はめっちゃおしゃべりね」とか
「娘は小さい時から、その日にあったことを詳しく話してくれたよ」とか。

その中で夜泣きの話になったんです。

「娘は本当に夜泣きが酷くて、私も泣きたかったよ」とか言いながら、最近はめっきり減ったなーと思いつつ
「なんで、あんなに泣いていたんだろうね」と私が言ったら

「なんで分かんないの?まだ寝たくなかったんでしょ?」
と息子が驚くことを言いました。

そっかー、寝たくなかったのかー。それを無理やり寝かそうとしてごめんね、という気持ちになって
「じゃあ、言ってくれればよかったのに」と言ったところ
娘に「言えなかったんだもん!じゃあ、今、寝たくないって言ったら、寝なくていいの?」と聞かれました。


「そんな訳ない!」と返しながら、寝かしつけについて、こんなにゆったりした気持ちになれるものなのだと、心底思いましたが
当時は、もし「寝たくない」と言われても「私が寝たいんだ!」と怒ってしまっていただろうな。

そのまま、いろいろ話していたら、娘が「ママ、ごめんね。ありがと」と言ってくれて、もう、なんかね。

今、夜泣きで泣きそうになっている人は、是非ともその状態を動画に!!
何年も後になって、子供が「ごめんね」してくれて、報われた気分になった人より。

あ、ちなみに娘10歳ですが、直近の夜泣きは半年ほど前でしたので。。でも年に数回なら許せるよね。

[PR]
by blue-star-cherry | 2018-10-11 10:56 | ☆子ども

娘と学校

新年度になって2ヶ月が過ぎようとしています。
娘はやっと学校への不信感が薄れてきたようです。

4月当初は「またきっと、あんな風に良くない状況になる」と怯えてばかりいました。
また行けなくなったら、戻るのが大変だ。そんな気持ちは子供にもあるようです。
もちろん、学校なんて行かなくてもいいとは伝えても、本人は学校が好き。本当は行きたくて仕方なかったというのをそういう風に表現しているのだなと思います。

ゴールデンウィークが明けた頃から「学校いやだ」という話が少なくなりました。
我が家は「本日のいいこと悪いこと」を発表し合うのですが、「いいことも悪いこともなかった」と答えるようになったのです。
以前は「こんな悪いことが」しか言わなかったので、良いことがなくても悪いことがなければ大丈夫!だと思っています。

そんなわけで今、私は家におります。

3月は毎日、いつでも学校におりました。少しは平和になったかな?と思っています。
今後も要注意で見守って行かなければいけないけれど、ひと段落。
いつか、学校楽しいって言ってくれる日が来たらいいな。

[PR]
by blue-star-cherry | 2018-05-31 14:09 | ☆子ども
娘は若干元気なってきたのか、今週は水曜日以外登校すると言う頑張り具合です。
火曜は本人がスクールカウンセラーとの面談、保護者会。
水曜休んで木曜は私が学校長、副校長との面談と、わりかし忙しめの毎日を送っています。

保護者会での説明の仕方や、オブラートに包む物の言い方には不信感を覚えますが、校長達との面談では危機感や対応が後手に回った認識はあるとの事で、まあ、これも仕方ないのかなと。
ただ、やっぱり、私毎日学校に行くのは大変なので来年度もこのような状態で付き添わなければ行けないのなら、積極的に不登校を選択するかも、と断言してきました。
だって週末ぐったりしちゃうんだもん。今は年度末までって頑張ってるけど、先が見えなきゃ続けられないよ。


保護者会では保護者にボランティアで教室の見守りを依頼していて、昨日はヤンチャな子のお母さんが来てくれました。フルタイムでお仕事をされている方なので、絶対来ないと思ってたし驚いたけれど、凄く効き目があって娘は「今日は大丈夫だった!!」と帰宅。
その反面、担任が時間割を書き間違えてて、その間違ったものに合わせて娘が「クラスに居なくても良いよ」と言った時間帯に校長達との面談をセッティングしたら、授業が全然無理だったらしく保健室に逃げ込んでいました。
うーん、保健室登校ってどうなの??意味あるの?(←家で一人でお留守番になる子には意味あると思うけど、我が家はそうじゃないし。。)と来年度どのような生活になるのかを少し考え始めています。


今日も「テスト中は出てもらえますか?」と言われたので、「私がクラス内にいるかどうかの決定権は娘にあります」と言ってしまいました。答え方とかに私の余裕のなさが出てしまって申し訳ないとか思ったけど、まあ事実だし。この辺はまた上層部との話し合いになるのかな??

今週はかなりハードだったなー。と思いながら週末のリフレッシュ方を考え中です。私的には寝たいです。
さて、もう一度行ってきます!!

[PR]
by blue-star-cherry | 2018-03-09 11:19 | ☆子ども
金曜日は学校に行かなかった娘。一緒に鉢植えを春仕様に植え替えたり、彼女の部屋に飾るためのサボテンを購入したりと気持ちが落ち着く環境づくりをしました。
図書館に行って様々な本を読んだりして、本人的にはとっても充実した日々でした。ハリーポッターなんかも読めるようになって、ママ的には感激です。

とは言っても学校がかなり近いこともあり、学校から離れることはできません。金曜日なんか土いじりをしている最中に避難訓練が行われてしまって、児童たちから我が家が丸見えだったようでした。
どこかに隠れていてもいいよ、と言っても「まあいいや」と思える心の余裕が生まれたのは、かなりの進歩です。
土日の両日は近所で学校の仲良しさんと偶然会って、一緒に学校の校庭で遊んでいました。学校へ行かないから学校と離れるのではなく、適度な距離を取ることを見つけられたというのも成長だななんて思っています。

本日月曜の朝、娘は「私、今日元気パワー満タン!!大丈夫行ける!」と言い、これだけ満タンなら嫌なことがあっても我慢できるとも言っていました。言い換えれば今まではそんな余裕もなかったのだと思うと、もう少し早く救出してあげられたらとも思ってしまいます。
学校では常勤の相談員の他にスクールカウンセラーがいますが、担任からの「スクールカウンセラーと話してみない?」という誘いに対して「学校に行けるようになりたいから、話してみる」という前向きな気持ちを伝えていました。
今日も授業中の教室に入って一緒に授業を受けたのですが、ここのところ見られなかった笑顔が見えたり、以前のように挙手をできるようになっているのを見て、母としては嬉しくもなりましたが、「学校に来ると疲れちゃうね」とこっそり言われると「そうだね」しか言えないクラスの状況に歯痒さを感じます。

本日は最近問題行動がヒートアップしてきた子の保護者の方が来てくれて少し、落ち着いた様子が見られました。明日の保護者会では「なるべくクラスに入って欲しい」と保護者に伝えるそうです。問題行動を起こす子供の親は保護者会には来ないというのが定説ですし、間違いないと思いますが、進級前に大人たちが立て直すことに本気になっている姿勢を子供たちに見せることができたらいいなと思います。ただ、「俺ん家来ない」という疎外感にも気を付けてあげたいと思います。

さて、彼女は明日は行けるのでしょうか?どっちでもいいけれど、母は少し疲れて来ました。子供達、よく頑張ってあの状況の学校に行っているなと思います。注意しなければいけない子よりも、大人しく耐えている子達をもう少しフォローするのが明日の目標です。

[PR]
by blue-star-cherry | 2018-03-05 17:47 | ☆子ども
(ずっとtwitterで呟いておりましたので、こちらだけの人は分かりづらいかも思いますが、娘、学級崩壊の影響で不登校気味です。私、積極的不登校アリ派の考えなので、別に行かなくても良いと思っています)

本日は少し渋りながらも登校できた娘。
一番の要因は朝から図工が2時間あること、そして心の支えになっている相談員の先生の来校日であることもと大きく関わっていました。
娘との約束通り3時間目に合わせて学校に行ったら「次は算数だから平気」と。せっかく来たのにとは思ったけれど、一人でやれるのならその方がいいと思って一旦帰りました。

そして驚きの4時間目、道徳。
小学校の道徳が教科として存在しているのは分かっていますが、何かしらの要項に沿って進めるよりこの状況を打開するために使えばいいのにと思ってしまうのは私だけでしょうか?
ワークシートを使った授業でしたが、物事が起きる前の主人公の気持ちを読み取る、起きた後の気持ち、あなたならどうするの「あなたならどうする」までたどり着けず、結局国語の授業となってしまいました。
授業が進まない要因は立ち歩き、野次、そして「はい座って、静かにして」と言われてから言われた通りにできるまでに平気で10分とか時間がかかる事です。もう、多分すべての授業がこれなんだと思うと歯痒くてイライラします。


娘は放課後、仲の良い友達と思い切り遊んで気分転換を図ったものの、夕食直前に「悲しいから泣いてもいい?」と断ってから泣いていました。
彼女はもう心が弱りすぎていて、物凄く小さな嫌がらせや言葉がいちいち突き刺さっているようです。
1日の嫌なことも楽しいことも思い返させて話をした時、楽しかったことを半泣きの笑顔で話してくれたから良かったなと思ってしまう自分も、感覚が麻痺して来ているように思いました。

泣くのをすごく我慢したと言う彼女に伝えたのは、
我慢や努力をしなくていいとは言わない。でも我慢や努力したら一瞬でも幸せな時間がある時だけ我慢や努力をして
という事です。大人では達成感のある我慢とただ苦しいだけの我慢なんかで表わされるようですが、私は彼女が力を入れているバレエを例に説明しました。
トゥシューズは痛い、傷にもなる。先生はすごく厳しい、すごく怒られることもある。でも発表会の楽しさとか、何かが上手にできたという喜びがあるからの我慢だよね、と。
あなたのクラスで我慢するその先に何があるの?と聞いたのですが「何も見えない」と答えていました。
運動会や発表会という目の前の餌ももうないので、残りのひと月は「クラス替えがあるかも」といえ希望のみ。そこには幸せな時間が見出せずにいるのです。他の子達は「あと一月」と言うのも望みになっているようですが、娘は「それって普通の状態が待っているって事でしょ?」という事のようです。

そんな訳で、たぶん明日はお休みです。
「さんすう一回休むと分からないよ」が呪いの呪文になってしまったのか、思い切り理解しているのに棒グラフの意味が分からないと言う彼女。明日はその気持ちをフォローをしたいと思います。

[PR]
by blue-star-cherry | 2018-03-01 20:46 | ☆子ども

ママ泣いちゃう

我が家はかなり結露の酷い家です。元々の家の作りもさることながら、乾燥すると一気に肌の状態が悪化する人間も住んでいるので、常に加湿気味です。
そのため、朝は家中の窓周辺を拭くと言う作業があります。その事実を最近知った子供達、窓にラクガキできると楽しんでおりました。

今朝も窓を拭こうかね、と娘の部屋に行ったところ、窓に何か書いてあります。
先日息子は窓で漢字の練習をしていたので、娘は何を書いているのかな??と思って見たところ

「まま、ありがとう」

いやだー、ママ泣いちゃう。

写真を撮ろうと思ったけれどうまく写らない上、スプラッターな文字みたいになっちゃってるから撮影は断念したけれど、
私のハートに刻んだぜ!!!

ってことで本日も朝から元気いっぱいです!

(今年最後になっちゃう気がしないでもない。ちえり)

[PR]
by blue-star-cherry | 2017-12-12 09:42 | ☆子ども

雨の中、上野

先日、結構な雨の中、上野までお出かけしたのです。
私たちの目的はトーハク、東京国立博物館です。

まさかこんな日なら混んでないだろうと思ったわけですよ。雨だし。
しかしながら上野駅を降りたら、結構な家族連れの数で。
「これはヤバい。さすがにこんなに雨が降っていて動物園はないだろうし、この全部が科博(科学博物館)に行くとは考えにくい。ってことはついにトーハクの時代がきたのか???」

って思ったけど、雨の中動物園の方に向かう人も多かったし、残りのみんなは科博の深海展の行列に並んでおりました。トーハクへ着くと、海外からの観光客ばかり。日本人はおりません。
でもね、追加料金なしで見られる屏風の展示、面白かったよ。多分、人生でこんなに屏風に興味を持つ瞬間はなかったと思うし。
そして、息子がある仏像の真似をして立っていたら拝んでくれちゃった男性、一緒に海獣と葡萄を探してくれた男性、着物を一緒にうっとり見てくれた女性、やっぱり感覚が違うので楽しいです。

建物を出た後、娘がしみじみと「海外の人ばかりだったね」というので「日本人の子供にあった?」と聞いたら「会ってない」と言いました。ちなみに日本人じゃない子供にはたくさん会いました。
日本人は美術・芸術作品があるところに子供連れで行くのをすごく躊躇うと思うんですが、この時にしかない感性で感想を言ってくれるのは本当に面白いし、私もかなり笑わせてもらいました。

そういう意味では国立西洋美術館のアルチンボルドは美術館側の新しい試みなのかな?公立のところは子供を嫌がらないけど、私立のところは嫌な顔をするところもあるし。
もっとこういうところが楽しいと感じられたら豊かな日々が過ごせるのにな。入場料620円だし、子供はかからなかったしね。などとも思いました。

ってことで今年も夏休みは美術館と博物館を巡ります。来週は古代オリエントに行きたいと思っておりますよ。特別展は魅惑のランプだそうです。ジーニーに会えるかな??

[PR]
by blue-star-cherry | 2017-07-27 12:03 | ☆子ども

「楽しかった!」

さて息子もピカピカの一年生となりました。
初日を終え帰ってきた息子に聞きます。

「どうだった?」

私は必ずこう聞きます。そうすると一番伝えたいことを最初に言ってくれるように思うからです。
彼は隣の子の名前、どんなことをした、など思いつくままに言ってきます。
そして多分彼の気持ちの半分も伝わっていません。

ひとしきり終わった後で
「学校、つまんなかった?怖かった?楽しかった?」
と聞くと私が「楽し」って言った直後に食い気味で
「ちょー楽しかったよ!」
と返ってきました。

初日はこれだけで花丸だと思うのです。
[PR]
by blue-star-cherry | 2017-04-10 10:26 | ☆子ども

大英自然史博物館展

子どもたちと行ってきましたよ。この春休みに。
やっぱ、混んでた。予想してたから朝一で行ったけど、混んでた。

そして、オーディオガイド方式を今回も採用しました。
おかげでたくさん子どもたちと話せるし楽しいな、と思った次第であります。

思いの外、子どもたち一番食いついたのは「呪われたアメジスト」でした。
なんで呪われてんの?とかめちゃめちゃ興味津々で、特別展を見た後に常設展のシアター360に並びながら検索、そして子どもたちに話すと
「見るのは平気なの?ってか、整理券なんでアメジストの写真なの?持って帰るの止めようよ」とか。

実は会期中の長期休みは整理券制度を利用するらしく、それがわざわざアメジストの写真だったのです。もう、大騒ぎで「もし、あれをくれるって言ったらどうする?借りるのはいいのかな?」と想像力豊かな子どもたちと楽しい時間を過ごしましたとさ。

私的に面白いなと思ったのは、化石や骨格標本が動きだす映像。
大きさや動き方が分かりやすくもコミカルに作られていて楽しかったな。
あと、絶滅してしまった動物群のところにトラがいたのにはシュールだとは思いましたがあながち間違っていないよね。
バーバリーライオンの頭部骨格では「スカーがいるよ!!」と子どもたちに力説し、周囲の人々にきょとんとされました。

できればゆっくり見たかったのですが、人ごみに揺られながらの3時間はめちゃ疲れちゃったので、一周で終了しました。
可能であれば、本家に行ってみたいものですね。
[PR]
by blue-star-cherry | 2017-03-29 20:39 | ☆子ども

新しいステップ

息子が入学にあたり、学校提出用のアレルギー関係の書類を作るために血液検査を受けました。
反応があったもの、なかったものまちまちですが、周知の通り、出なければ食べられるわけでも、出たから食べられないわけでもないので、そこについては別にどうでも良かったのです。

まず問題なのはエビ。今の所食べれるけど、触れない状態。そして、皮膚についたことで酷くなるアトピー。

そう、彼のアレルギーは食べられることよりもアトピー管理との関わりの方が重要です。

エビを触ると指がウインナーになってしまうので、もしかしたらいつか食べても出るかも、そしてそれが息苦しさを感じるものになるだろうこと。怯えて食べさせるくらいなら食べない方がいいだろうという判断になりました。
本人が好きなので、私が見ている場所ではある程度許容しようと思いますが、今後彼が成長することを考えると難しい所。

そしてもう一点、ネコ。今回調べた中で一番反応があったのがこれ。でも、今までうまくやってこれたのよねー。。。悩むなあ。もちろん、あんまりスキンシップ好きじゃないネコだったのも幸いしていますし、本人に「ネコアレルギーだ!心してかかれ!ちなみに私もだから、ダッシュで手を洗うんだぞー」とかして寝る場所を分けたりうまく立ち回れていたからだと思うの。次のネコが抱っこ大好きネコだったらお互いに辛いよなーって思うんです。

最後にIgE RIST なかなかいい数値が出まして、その上でのアトピーとの関連、それから加工品を食べると確実に出るアレルギー症状。見えていないアレルゲンがあるし、今後の管理方法を相談するためにも大き目の小児アレルギー科がある病院に行ってみるのもいいかもしれないですね、というアドバイスでした。
正直面倒なので「今の所管理できていると思うのですが、それでも行った方がいいと思いますか?」という問いに、「外での活動が増えていく中で不測の事態になった時に管理方法を知っていたり、緊急に治療を必要とする時に事前データがある所があるというのは大きいです。それからアレルギーとアトピーを一括して管理してもらえると治療方針が見えやすいのでは」ということでした。

いやねー、面倒さもあるけれどこれから何年も続くのに、あんまり飛ばせないよねー。短距離走じゃないから、マラソンだからさー。彼が病院に行くのは嫌だって思ってほしくないんだよなー。
あと、方針もさー、私多分積極的に働きかける感じじゃないんだよねー。別に困ってないしいいじゃん的な。もちろん彼はスナック菓子食べれなくて嫌だと思ってるだろうけど、じゃあ、食べたらしんどいわけで、手を洗えだの顔を洗えだの出先でも言われるからおとなしく甘栗とか干し芋とか食べててくれるわけだけど、そういう折り合いってみんなつけるものじゃん?とか思うとなかなか行く気になれないのよねー。一回行ったら良しとかじゃないよねー?通うんだよねー??

正直に言えば迷い中。
最善策はなんなのかしら?
一度本人とも話し合ってみないといけないなと思っています。あと皮膚科医との相談。

あー、ネコ、飼ったらダメかな??精神衛生的には必要だと思うんですけど。。。
[PR]
by blue-star-cherry | 2017-02-06 11:40 | ☆子ども